03-3580-6888 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
9:30~18:00

財産分与

  1. 安藤武久法律事務所 >
  2. 離婚に関する記事一覧 >
  3. 財産分与

財産分与

民法では財産分与が定められています(民法768条)。今回は⑴財産分与とはどのようなものか、⑵財産分与の内容は何か、⑶慰謝料とは違うのか、について見ていきます。

⑴財産分与とはどのようなものか
まず民法で財産分与が定められている条文を見てみましょう。
民法768条1項:協議上の離婚をした者の一方は、相手方に対して財産の分与を請求することができる。

財産分与は夫婦が協力して取得した財産を分け合うということです。分け合う金額(分与額)については離婚の協議の際に決められます。
また、協議で分与額が決まらなかった場合は家庭裁判所が分与させるかどうかや分与額を決めます(民法768条2項、3項)。

⑵財産分与の内容は何か
財産分与は離婚して収入が著しく減少する当事者の事情を加味します。というのは財産分与の内容は離婚後の扶養だからです。
もしこれを認めなければDVをされている場合になかなか離婚へ踏み切ることができないと考えるのは想像に難しくありません。
財産分与は前述した通り夫婦が共同して取得した財産の他に当事者の収入などの事情も判断して行われるべきです。なお、最高裁は婚姻中に婚姻費用を負担しすぎた場合にその清算を財産分与の際に調整することを認めています(最判昭53・11・14民集32巻8号1529頁)。

⑶慰謝料とは違うのか
離婚の際に慰謝料が請求されることが多いですが、財産分与を請求して、なおかつ慰謝料を請求することはできるのでしょうか。
最高裁は財産分与が行われた場合でも、それが損害賠償のような要素がなかったり、分与額が請求者の精神的苦痛を慰謝する額ではないとみなした場合には別に慰謝料を請求することができるとしています(最判昭46・7・23民集25巻5号805頁)。

安藤武久法律事務所は東京都港区・大田区・練馬区・文京区を中心に、千葉県や埼玉県、神奈川県において皆さまからのご相談を承っております。
離婚問題に関してなにかご不明な点やお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。
実績豊富なプロフェッショナルが、皆さまのお悩みを解決いたします。

安藤武久法律事務所が提供する基礎知識

  • 面会交流権

    面会交流権

    子がいる夫婦が離婚する場合、子の親権は父母のどちらか一方のみ与えられます。親権者は子の財産を管理し、監...

  • 交通事故における逸失利益とは

    交通事故における逸失利益とは

    ■逸失利益とは 交通事故における逸失利益とは、事故に遭っていなければ当然得られたはずである利益や収入の...

  • 離婚後の氏と戸籍

    離婚後の氏と戸籍

    離婚をすると、婚姻の際に氏を改めた人は原則は前の氏に戻ります(復氏、民法767条1項)。しかし一定の手...

  • 貯金は全て財産分与の対象になるのか

    貯金は全て財産分与の対象になるのか

    ■財産分与とは 夫婦間での財産の公平な分配という観点から、離婚をした一方の者は他の者に対して、財産の分...

  • 慰謝料・損害賠償

    慰謝料・損害賠償

    交通事故が原因で被害者が怪我を負った、もしくは死亡してしまった場合、加害者に対して請求できる主な損害と...

  • 借金のある夫と離婚するには

    借金のある夫と離婚するには

    「夫がギャンブルにはまり、借金を繰り返している。最近は生活費もままならなくなっているが、離婚できないも...

  • 交通事故の休業損害とは

    交通事故の休業損害とは

    休業損害とは、交通事故によって傷害を負ったために休業を余儀なくされた場合に、交通事故による休業がなかっ...

  • 不動産相続

    不動産相続

    遺産分割協議が合意に至り、遺産分割協議書を作成した後は、財産の名義変更を行うこととなります。不動産の場...

  • 調停離婚

    調停離婚

    現在の日本で離婚の約1割が調停離婚というタイプになっています。今回は、調停離婚について、⑴どのようなと...

よく検索されるキーワード

ページトップへ