03-3580-6888 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
9:30~18:00

離婚に関する記事一覧

  1. 安藤武久法律事務所 >
  2. 離婚に関する記事一覧

離婚

離婚をするにあたって、離婚の類型を把握しておくと良いでしょう。
大きく分けて離婚には⑴協議上の離婚(協議離婚)、⑵裁判所の調停に基づく離婚(調停離婚)、⑶訴訟に基づく離婚(訴訟離婚)があります。それぞれ見ていきましょう。

⑴協議離婚
協議離婚とは、読んで字の如く協議、つまり話し合いによって成立する離婚のことです。夫婦は協議によって離婚することができます(民法763条)。つまり、離婚の当事者の意思の合致に基づいて書類の届出・手続きをすることによって成立します。当事者の間で離婚の条件(親権者の決定、財産分与など)を取り決めます。

⑵調停離婚
調停離婚とは、夫婦が話し合い出来ない状態であったり、話が進まないときに、裁判所が間に入って円満な離婚を促して成立する離婚です。
離婚調停により合意が得られれば円満な離婚が成立します。また、当事者が不服申し立てなどを行い、調停離婚が成立しない場合に離婚をするには原則として訴訟離婚が必要です。しかしながら訴訟離婚には裁判所にも、そして当事者間にもコストがかかります。そこで裁判官が離婚調停に基づいた離婚の条件を決定する審判離婚もあります。

⑶訴訟離婚
前述の通り、訴訟離婚とは調停離婚が成立せず、それでもなお離婚を望む時に相手を訴える離婚になります。裁判になりますから相手の不倫などの離婚理由を証明する証拠が必要になってきます(例えばLINEのトーク履歴など)。また、裁判ですので弁護士を雇うお金や時間がかかります。

安藤武久法律事務所は東京都港区・大田区・練馬区・文京区を中心に、千葉県や埼玉県、神奈川県において皆さまからのご相談を承っております。
離婚問題に関してなにかご不明な点やお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。
実績豊富なプロフェッショナルが、皆さまのお悩みを解決いたします。

離婚に関する基礎知識や事例

  • 慰謝料(不貞行為など)慰謝料(不貞行為など)

    不貞行為は民法が定める離婚原因の一つです。今回は不貞行為に基づく離婚によって得られる慰謝料はどのくらいなのかを見ていきましょう。 ⑴不貞行為とは? 判例によると不貞行為(民法770条1項1号)...

  • 財産分与財産分与

    民法では財産分与が定められています(民法768条)。今回は⑴財産分与とはどのようなものか、⑵財産分与の内容は何か、⑶慰謝料とは違うのか、について見ていきます。 ⑴財産分与とはどのようなものか ...

  • 住宅ローン住宅ローン

    結婚して家を買う人も多いですが、離婚後に住宅ローンを「誰が払うのか」、また「誰が住むのか」について大きな問題になります。 まずは、不動産の名義を調べる必要があります。また、不動産に抵当権(住宅ロ...

  • 婚姻費用分担請求婚姻費用分担請求

    婚姻をして夫婦が生活共同体を維持していくためには住居や食費などに使う費用が必要になります。この費用を本来は婚姻費用と言いますが、別居や離婚の際に夫婦間で協議がまとまらずに家庭裁判所の審判で定める...

  • 親権と監護権親権と監護権

    不倫などにより離婚をして、協議離婚などをするとどちらに親権を持つかという話が出てきます。今回は親権と子供の養育に関係する監護権について見ていきます。 ⑴親権 そもそも民法では親権の当事者は婚姻...

  • 子供の養育費子供の養育費

    離婚の際に問題となるのが子供の養育費でしょう。収入が少ない(資産がない)側が親権を持つ場合に「果たして子どもを育てられるのか…」と心配になりますよね。今回は親権を持った人(親権者)は離婚したパー...

  • 離婚後の氏と戸籍離婚後の氏と戸籍

    離婚をすると、婚姻の際に氏を改めた人は原則は前の氏に戻ります(復氏、民法767条1項)。しかし一定の手続きを3ヶ月以内にすることによって離婚をしても婚姻中に名乗っていた氏を引き続き用いることがで...

  • 面会交流権面会交流権

    子がいる夫婦が離婚する場合、子の親権は父母のどちらか一方のみ与えられます。親権者は子の財産を管理し、監護をする資格がありますが、本来父母の双方が協同して子を養育するものだと考えればこの状況はいさ...

  • 協議離婚協議離婚

    離婚のタイプとして日本で最も使われるのが協議に基づいた離婚(協議離婚)です。今回は協議離婚について⑴どうやったら協議離婚が成立するのか、⑵何を協議するのかについて見ていきましょう。 ⑴どうやっ...

  • 調停離婚調停離婚

    現在の日本で離婚の約1割が調停離婚というタイプになっています。今回は、調停離婚について、⑴どのようなときに調停離婚をするのか、⑵何を決めるのかを見ていきましょう。 ⑴どのようなときに調停離婚を...

  • 審判離婚審判離婚

    審判離婚とは、夫婦が離婚に同意しているけれど、細かい条件面で合意ができていない場合に用いられる制度です。細かい条件とは例えば、子の面会・交流の頻度や養育費などです。 ⑴審判離婚の流れ 審判離婚...

  • 借金のある夫と離婚するには借金のある夫と離婚するには

    「夫がギャンブルにはまり、借金を繰り返している。最近は生活費もままならなくなっているが、離婚できないものだろうか。」 配偶者の借金について、こうしたお悩みをお持ちの方は、決して少なくありません。...

  • 離婚時に親権を父親が獲得するには離婚時に親権を父親が獲得するには

    離婚をする際、子どもがいる場合には、父母のどちらかを親権者として指定しなければなりません。夫婦間の話し合いがまとまらない場合には、調停や裁判において、裁判所の介入の下に決めていくことになります。...

  • 不倫の期間が長いと慰謝料も高額になる?不倫の期間が長いと慰謝料も高額になる?

    ■不倫の慰謝料 不倫されていた場合には、民法709条における不法行為に基づく損害賠償請求を行うことが可能です。 ■不倫の期間の長さと慰謝料の関係 不倫の慰謝料額の決定に当たって、裁判所は不倫期...

  • 別居中の生活費を請求するには別居中の生活費を請求するには

    ■別居中の生活費請求の根拠 民法760条は、夫婦は、その資産、収入その他一切の事情を考慮して、婚姻から生ずる費用を分担する と規定しています。 すなわち夫婦は婚姻費用の分担をしなければならず、...

  • 貯金は全て財産分与の対象になるのか貯金は全て財産分与の対象になるのか

    ■財産分与とは 夫婦間での財産の公平な分配という観点から、離婚をした一方の者は他の者に対して、財産の分与を請求できます。 この制度を財産分与といいます。 ■財産分与の対象になる預貯金 原則とし...

  • 不倫慰謝料の請求時効|時効を過ぎてしまったらどうなる?不倫慰謝料の請求時効|時効を過ぎてしまったらどうなる?

    ■ 不倫による慰謝料請求 「夫(または妻)が不倫をしていて、夫(または妻)の不倫相手に慰謝料請求をしたい」といったご相談はよくあるパターンです。 不倫や浮気という言葉は俗語であり、実務上では民法...

安藤武久法律事務所が提供する基礎知識

  • 遺産分割協議・調停

    遺産分割協議・調停

    相続財産を確定したら、複数の相続人のうちだれがどの財産を相続するかを決める必要があります。 相続人全...

  • 民事再生(個人再生)

    民事再生(個人再生)

    個人再生は、裁判所を介して、すべての債務のうち一部を免除してもらい、残債務を原則3年間の分割弁済とする...

  • 大田区の交通事故は弁護士にご相談ください

    大田区の交通事故は弁護士にご相談ください

    現在、日本ではおよそ1分に1件のペースで交通事故が発生しているといわれています。 このように、いまだ数...

  • 成年後見

    成年後見

    判断能力が不十分な人の場合、預貯金や不動産などの財産を管理する行為や、介護サービスを受けるための契約等...

  • 離婚後の氏と戸籍

    離婚後の氏と戸籍

    離婚をすると、婚姻の際に氏を改めた人は原則は前の氏に戻ります(復氏、民法767条1項)。しかし一定の手...

  • 財産分与

    財産分与

    民法では財産分与が定められています(民法768条)。今回は⑴財産分与とはどのようなものか、⑵財産分与の...

  • 遺産分割協議書の作成

    遺産分割協議書の作成

    遺産分割の合意ができたら、遺産分割協議書を作成することとなります。遺産分割協議書は、作成が義務付けられ...

  • 交通事故における物損事故と人身事故の違い

    交通事故における物損事故と人身事故の違い

    日本という国は、その国土が世界に比べて狭いにもかかわらず、車の利用が非常に重要視されています。ですから...

  • 調停離婚

    調停離婚

    現在の日本で離婚の約1割が調停離婚というタイプになっています。今回は、調停離婚について、⑴どのようなと...

よく検索されるキーワード

ページトップへ